×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スギ花粉飛散時期情報前の予防対策

スギ花粉飛散時期情報は花粉症の人にとっては、注目すべき情報ですね。例年に比べると、今年のすぎ飛散量が多いか少ないかで気分が変わります。できるだけ快適に過ごす花粉症の予防対策情報があれば試したくなると思います。スギ花粉に代表される花粉症も、食べ物で発症することはないですが、食生活がみだれて栄養が偏ったりすると、自律神経が乱れて免疫機能がスムーズに働かないで、花粉症の症状がでたり、ひどくなったりします。花粉症の予防対策として食べ物でいいのは、さんまなどの青魚で、アレルギー症状を抑えるEPAなどの不飽和脂肪酸が含まれています。日本人の食べ物も欧米化が進み、高たんぱく・高カロリーの物や食品添加物が含まれる 加工食品などは花粉症などのアレルギーに影響するので、スギ花粉飛散時期情報が出る前から予防対策として気をつけるべきです。ケーキ類のような甘い食べ物やアイスクリームなどの冷たい食べ物は「陰性」と言って、身体を冷やして血行が悪くなり、免疫力が低下するので花粉症予防対策として注意が必要です。植物油はコレステロールを下げる作用が有りますが、それに含まれる脂肪酸のリノール酸は取りすぎると、アレルギー症状を悪化させるので予防対策として注意してください。そして、花粉症予防対策で1位に選ばれた食べ物はヨーグルトなのです。ヨーグルトに含まれる乳酸菌が花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー反応を緩和するみたいです。

花粉症対策グッズとしての健康食品

花粉症対策グッズとしてプロポリスという健康食品が有りますが、蜂蜜などミツバチ製品メーカーである山田養峰場と鳥取医学部とが共同で臨床試験を行い、ブラジル産プロポリスが花粉症の症状を軽減することを確認したそうです。プロポリスは、蜜蜂が外敵から巣を守る為に、ハーブの新芽や樹脂から作る物質で、アルテピリンCやフラボノイド、各種ビタミン、ミネラルなどの成分が入っています。食べ物の重要性は、花粉症予防対策においては、もちろんですが、毎日の忙しい中、バランスよく取れないので花粉症対策グッズとしてのプロポリスみたいなもので栄養補給するのもだいじかと思います。花粉症予防対策として、ハーブの中でもレモンバームは抗アレルギー作用では非常に高い効果があることも確認されています。レモンバームは、もともと蜜蜂用の植物として栽培されていて、葉はレモンに似た香りがし、ハーブティーやアイスクリームに風味を添えるのに使われています。これは、花粉症対策のお茶として代表格になった甜茶やべにふうき茶と共に抗アレルギー効果のあるものです。最新の花粉症対策情報に、シジュウムと呼ばれる南米産の植物があります。シジュウムをお茶にして1日2杯ずつ飲むとアレルギー疾患に効果があるそうです。

スギ花粉予防対策と花粉症治療法

スギ花粉症来策グッズとして洗眼、点眼薬、めがね、マスク、健康食品など種類も多く迷いますが、花粉症で苦しむ人には、花粉対策グッズは重要です。今や国民病とまで言われる「花粉症」を利用して、効果の疑わしい対策グッズも出回っているので、グッズの話題性だけでなく、科学的根拠のあるものを購入された方がよろしいです。花粉症対策グッズの中でも服用タイプが売れ筋みたいですが、個人によってもちがうので、医師や薬剤師の指示を仰いだほうがいいです。マスクはスギ花粉対策グッズとして欠かすことができないものですが、花粉が入り込まない構造になっていること、自分の顔にぴったり合うことなどが重要で、スギ花粉がマスクに付くと、洗濯しても取れないので、衛生的にも使い捨てタイプがいいと思います。花粉対策グッズで、もう一つメガネも必需品ですね。最近の花粉対策ゴーグル(メガネ)はレンズのサイドにカバーがついて、隙間から花粉をシャットアウトするので効果は大きいと思います。治療法として、レーザー治療が話題になっていますが、花粉症などのアレルギー疾患は「治る」わけではないので、普段の食べ物や健康食品を利用しながら花粉症対策を行なうことは大事です。

Copyright © 2011 スギ花粉飛散時期情報の前の予防と対策

アンチエイジング